お客様の声

彼氏の部屋にお泊まりすると、奇怪な現象に遭遇するのです。ついこの前は白い顔の女が……

奇怪な現象

交際中の男性に関して説明しにくい悩みがあり、どこに相談すれば良いのかと迷っていました。ありきたりな恋愛相談ではなく、モロに心霊がらみの話だったんです。それで思い余って仲の良い同僚に打ち明けたら、そういう特殊なことにも通じている電話占いがあると、法蓮の存在を教えてくれました。「とくに蓮如さんという人がよく当たるよ。長年修行した凄い霊能者だって評判だよ」と、そんな彼女の薦めに素直に従い、蓮如先生を指名させてもらいました。

最初に「特定の場所でだけ霊が見える、っていうことはありますか?」と恐る恐る訊ねると、「それはもしかしたら、若い男性が独り暮らしをしているアパートの部屋ですか?」と聞き返されました。この時、先生はすでに私と彼の置かれた状況を感じ取っていたようです。

「じつは彼氏と、お互いの部屋を行き来する形で半同棲を始めたばかりなのですが、向こうの家へ泊まると深夜にほぼ必ずおかしなことが起きるんです。誰もいないはずのキッチンから不自然な音が聞こえたり、ガラス戸の向こうを横切る影が見えたり、スマホとかデジタル・電気系統の不具合もしょっちゅうです。この前はほんの一瞬ですが、寝室の天井に女の白い顔が浮かんでいるのまで見えてしまいました。気味が悪いからその都度、彼にも伝えているのですが、いつも『気のせいだよ』の一言で済ませられてしまって……」と、こちらがありのままを切々と訴えると、今度は先生から質問がありました。

「その彼氏自体の様子も、ちょっとおかしいのではないですか?生気が消え失せた感じで、いつもボーッとしているとか」と、まさに相談したかったことの核心に触れられ、こちらはもうひたすらうなずくしかありませんでした。

私「自分に霊感があるとはとても思えないんですけれど、その部屋に泊まった時だけ見えちゃうんです」

先生「私も今、その部屋を遠隔霊視しているのですが、過去に不審死が起きた事故物件の類ではないようですね。ただ、そのアパートそのものが霊的磁場の悪い場所に建っています。普段は見えない人にもたやすく見えてしまうのは、それだけ場の歪みが激しいということです」

私「どうして彼は平気で住んでいられるんでしょうか」

先生「すでに意識がマイナス磁場に取り込まれてしまっているからです。いずれにせよこの先、長く住める場所ではないので、何か方便を使って早期の引っ越しを促すべきです」

こうしたやり取りの後、電話越しの形で応急措置的なお祓いをしていただいたところ、それまで悩まされていた現象がぴたりと止みました。でも、この方法で抑え込める期間はせいぜい半年以内だとも言われました。その間に私の方が広めの部屋へ移り、彼を無理にでも引っ張り出して一緒に暮らそうと考えています。ちなみに目撃した白い顔の女は死んだ人間の霊ではなくて、生き物の生命力を吸い取る魔物のような存在だそうです。それを聞いた時には全身が総毛立ちました。

茨城県つくば市 松村歌奈さん (26歳)

上部に
戻る