嫉妬を受けて苦しむ方にも読んでいただきたい、嫉妬の感情が運気を急降下させる訳
法蓮通信

嫉妬を受けて苦しむ方にも読んでいただきたい、嫉妬の感情が運気を急降下させる訳

嫉妬を受けて苦しむ方にも読んでいただきたい、嫉妬の感情が運気を急降下させる訳

嫉妬をすることはスピリチュアル的によくないということは、スピリチュアルの世界に興味のある方であれば、百も承知でしょう。でも、ひとはなかなかその感情を手放すことができないものです。

しかし、嫉妬が運気を急降下させてしまうことを知り、理解を深めることで少しずつ手放すことができます。また、嫉妬を受けて悩んでいる方も、理解が深まることで精神的に楽になれますので、今回は嫉妬をスピリチュアルな側面からご説明しましょう。

嫉妬が運気を下げる理由

嫉妬はネガティヴなエネルギーで自身の魂を満たし、さらに外部に向けて強く発すること。ネガティヴな魂には、天界から霊的パワーが供給されなくなります。

エネルギーが得られないのにエネルギーを放出すれば、当然、魂は枯れて行くのです。枯れた魂には邪気が吸い寄せられて集まります。

邪なものに乗っ取られてしまうので、陰口・悪口が止まらなくなり、はた目には活気付いて見えるときもあるでしょうが、帰宅すれば異常なまでの疲労困憊状態に陥る上、当然、運気は急降下。失われたエネルギーや運気はじつは嫉妬の対象に送られており、憎き相手はますます上昇気流に乗るという皮肉な構図ができあがってしまうのです。

自身の可能性を信じ、ひとはものではないことを理解しよう

嫉妬は、「幸せが限られたもので誰かに取られると自分の分がなくなる」という意識と、自己肯定感が低く、「嫉妬の対象は成長できても自分はできない」と思い込んでいることから起こります。その思考が現実化して幸せがますます手に届かない限定品になり、自己否定が足かせになって成長が止まってしまうという悪循環ももたらすのです。

幸せは天界からの霊的エネルギーを利用することで尽きることなく得ることができます。それを理解した上で、自分を認めてほめる、自分ができることを何でもよいので少しずつ増やす、生活を健全化するために必要なことを怠りなく実行することで、自己肯定感をアップさせ、嫉妬の感情を手放しましょう。

思い切って嫉妬の対象とコミュニケーションをとることもおすすめ。「いいなぁ、わたしも〇〇さんのようになりたい。どうしたらそんな風になれるの? 」と質問し、お食事の約束をして親密になり、ちゃっかりと霊的エネルギーのおすそ分けに与りましょう。

交際相手への嫉妬に限定すれば、最悪は嫉妬が自ら恋愛を破綻させることになります。嫉妬からくる束縛が相手に独立したオーラを侵害される恐怖感や閉塞感をもたらし、敬遠されるようになるからです。

交際相手は自分の「所有物」でなく意思を持った「ひと」であるため、心を鎖で縛ることはできません。心変わりして捨てられるかもしれない、そのまま孤独になるかもしれないという恐れも、自己肯定感の低さに起因するので、上記のアップ法を実行して克服するようにしましょう。

束縛による恋愛破綻をくり返しているうちは、大いなる存在は、「この魂はまだ未成熟で、相手に負担を掛ける」と判断するので、運命のパートナーとの出逢い・恋愛成就が先延ばしにされます。交際相手を束縛しそうになったら、このスピリチュアルな事実を思い出してください。

嫉妬されて悩む方へ

以上を読んでいただいてわかる通り、嫉妬したひとが失った霊的エネルギーや運気はあなたに送られるので、これからますますよいことが起こります。また、嫉妬している側は、あなたがこれからも幸運に恵まれ続けることを妄想してくれるので、その思考が現実化することによって幸運が続くのです。

嫉妬するひとに感謝し、ありがたく幸運をいただきましょう。同じ土俵に立って、憎しみを抱く・仕返ししようとすることは、嫉妬深い人物と来世でのご縁を深める結果になるので、感謝して以降は存在を意識しないようにして、スピリチュアルに関係性を断つようにしましょう。


嫉妬の感情が運気を急降下させる理由など、嫉妬をスピリチュアルな側面からご説明させていただきました。どうしても嫉妬を止めることができない場合、邪気に乗っ取られないよう霊能者にスピリチュアルクリーニングしてもらうことをおすすめします。

また、嫉妬をされて悩んでいる側の方も、嫉妬から飛ばされた生霊による深刻な霊障がある場合にはスピリチュアルな処置が必要です。この場合も霊能者への相談を視野に入れましょう。

上部に
戻る