法蓮通信

運気が悪いサインは幸運気到来のサイン

運気が悪いサインは幸運気到来のサイン

運気とは、動きのあるものです。悪い運気に見舞われたとしても、それがずっと続くわけではありません。どんなに長くて苦しい悪い運気にとらわれていても、その最中でさえ多少は運気の上下があるものです。そして、悪い運気の中でずっと過ごしていたいという人はいないでしょう。できることなら、少しでも早く少しでも良い運気に囲まれたいと願うのが当然だと思います。

最近なんだか運気に恵まれないと思っているあなた、悪い運気に好かれてしまっているように感じているあなた、その悪い運気のサインが実は幸運気をもたらすきっかけを作る良いサインかもしれません。人は、幸運気に恵まれている時、悪い運気に囲まれている時ほどには敏感に運気を気にしないものです。幸せよりも不幸に敏感になってしまうのは、人の性といってもいいでしょう。そのため、幸運気に恵まれている間にそれに気づいてより長くより良い幸運気を得るための努力をする人は多くありません。でも、悪運気に見舞われてしまった人はいち早く気づいて、悪運気から逃れるために運気を変えようと努力します。これが悪運気のサインが幸運気到来のサインだという由縁です。

運気が悪いときの過ごし方

運気が悪い時には頭を低くして、その運気が通り過ぎるのを待つべきだという説があります。どうせ何をしてもうまくいかないのだから、大人しくしていようと考える人も多いでしょう。でも、運気の悪さを逆手にとることで、幸運気の到来を早めることができるとしたら? 試してみたいですね。

運気が悪いというのは、さまざまな行動が良い結果に結びつきにくい傾向がある状態です。だから、大きな挑戦や新しい活動には向いていない時期なのは事実です。でも、地道な努力行動まで避ける必要はありません。次の幸運気に向けて根回しをしたり、勉強をしたり、自分の波長を整えたりといったコツコツとした行動を継続していくことで、下がっている運気の底上げと次に訪れるだろう幸運気で、より大きなチャンスをつかみ取ることができるでしょう。

運気が悪い時には、大きく動くよりもコツコツと、目の前の成果よりも長期的な視野での成功を目指すのがおすすめ。運気が悪い状態で停滞する時期を次の幸運気への下準備期間だと考えれば、「運気が悪いサインは幸運気到来のサイン」だという言葉も、信じられるのではないでしょうか。

上部に
戻る