デジャブと前世の関係とは
法蓮通信

デジャブと前世の関係とは

デジャブと前世の関係とは

初めて訪れた場所なのに「知っている」と感じたり、経験したことがないにもかかわらず「前に体験している」と思ったりする感覚を「デジャブ」と呼びます。前世の記憶を追体験しているともいわれているこの事象には、どのような意味があるのでしょうか。今回は、デジャブと前世の関係をスピリチュアル的な視点から紹介いたします。

デジャブは前世の記憶なのか

日本語で既視感(きしかん)というデジャブの名称は、フランス語からきています。記憶障害だったり夢で見たことがあったり、心身の疲れでも引き起こされるといわれていますが、ハッキリした原因は判明していません。しかし、頻繁に既視感が起こる人は心配でしょうし、たまにでも体験すると、「何か意味があるのかな」と感じるはず。そのなかでも、スピリチュアル的な考察をしてみると、前世の記憶がかかわっているといえそうです。つまり、前世で体験した出来事と同じような経験をすることで、記憶がよみがえっているのでしょう。

中国には、前世の記憶を持つ人たちが暮らす村があるそうです。その人たちに共通するのは、前世で命が果てたとき、「忘却のスープ」と呼ばれるものを飲まなかったという行動だとか。この忘却のスープを飲めば、前世の記憶をキレイに忘れて生まれ変わるといわれています。そのため、既視感を頻繁に経験する人は、もしかして忘却のスープを飲まなかったことで、前世の記憶が残っているのかもしれません。

デジャブが起こるのは何か理由があるのか

しょっちゅう起こっているとすれば、スピリチュアル的な理由があるのかもしれません。たとえば、「前世と同じ過ちを繰り返さないで」というメッセージの可能性が考えられます。もし、何度もデジャブを経験しているのなら、現状を見つめ直してみてください。意識していなくても、人生が誤った方向に進んでいることだってあり得るからです。現状を確認しても、とくに問題ないようでしたら、自覚はなくても心身に疲労が出ているのかもしれません。疲れていたりストレスが溜まっていたりしても、既視感を経験するという人は少なくないからです。そのため、自分を労わる気持ちを持って、肉体的にも精神的にもしっかりと休みましょう。

初めて訪れた場所や未経験なのに「知っている」と感じたのなら、前世と同じ体験をしている可能性が考えられます。ただし、デジャブは疲労が蓄積されていても体験するパターンが少なくありません。体の様子もしっかり確認しながら、心身の状態を見極めていきましょう。

上部に
戻る