鑑定体験者インタビュー

未来の予知 石野真衣さん(50歳・主婦)

未来の予知

── 石野さんが電話占いをご利用された理由はどういったものでしたか?

石野さん「電話占い法蓮の一迦先生は、占い好きの友人から教えていただきました。私も占い好きで、他の電話占いを利用したことが何度かありましたが、法蓮を利用したのは初めてでした。当たる占いの先生に見てもらうのが楽しいのです。若いころは自分で占いの勉強をしたこともありましたが、どうやら私にはあまり才能がないみたいで…。占い好きの友人と情報交換をして、一緒に当たると評判の占い師のところに行ったりしています。でも、本当にすごいと思える先生はなかなかいらっしゃいませんね。そんな中、友人が『電話占い法蓮の一迦先生がとてもよく当たった』と教えてくれたんです。友人が大絶賛するので、これは一度見ていただかねば、と思い、私も電話しました。」


── 占い鑑定は当たりましたか?

石野さん「恐ろしいほど当たりました。息子の年齢や旦那の職業について言い当てられたり、私が音大を出たこと、今もピアノの講師をしていることを言い当てられたり、的中の連続でした。こちらから自分のことをまったくお話していないのに次々と当てられて、『この先生は本物だ』と確信しました。友人が大絶賛したのも頷けます。いろいろな占いの先生に見てもらったことがありますが、一迦先生ほど当たる方は今まで見たことがありません。未来の出来事についても教えてもらいました。それも的中しました」


── どのようなことを教えてもらったのですか?

石野さん「些細なことから、ちょっと大きなことまで、いくつか教えてもらいました。些細なことは、『鑑定翌日の午後のレッスンが中止になる』というものでした。翌日の午後はレッスンが一件だけ入っていたのですが、その生徒が急に風邪をひいてお休みになりました。あと、『お金を拾う』という予知も当たりました。占い鑑定から一週間くらいした頃、買い物帰りに長財布を拾ったのです。財布の中には十万円ほどの大金が入っていました。すぐに近くの交番に届けたところ、しばらくして持ち主の方が現れました。身なりのいい40代くらいの男性の方で、お金よりもカードが無事だったことに安堵していました。何度もお礼をされて、一万円をいただきました。いらないですと言ったのですが、どうしてもとのことなので、ありがたく頂戴しました。」


── 的中しなかったものはありましたか?

石野さん「鑑定していただいたのが一ヵ月ほど前なので、まだ的中していないこともあります。半年後に起きることや、数年後に起きることも教えてもらいました。息子は25歳で結婚することになるそうですが、まだ中学生なので、それは未来の楽しみにしておこうと思います。また、『近々旦那様が会議に遅刻するかもしれないので、早めに家を出るよう言っておくように』と言われました。先日ちょうど会議があるとのことだったので、先生の言葉を思い出して早めに家を出るよう言ったのですが、結局もたもたしていつも通りの時間に家を出ていきました。すると最寄り駅の電車が人身事故で止まっており、会議に遅刻してしまったそうです。人身事故ということでお咎めはなかったそうですが…。」


── また鑑定を受けてみたいと思いますか?

石野さん「はい。本当によく当たったので、ぜひまた占っていただきたいです。今は特に差し迫った問題を抱えていないのですが、何か困ったことがあったらすぐ相談しようと思っています。子供もこれから難しい時期になりますし、旦那の浮気も心配なので。」


上部に
戻る