鑑定体験者インタビュー

守護霊の導き 佐々木富子さん(27歳・OL)

守護霊の導き

── 電話占い自体が初めとお聞きしましたが?

佐々木さん「はい、初めてです。まさか自分が鑑定を受けることになるとは思ってもみませんでした。」


── その電話鑑定を受けることになった経緯を詳しく教えてください。

佐々木さん「最近、新しい彼氏ができたんです。偶然街で声をかけられて、すごく感じがいい人だったので、そのままお茶しました。その後、何回か食事デートを重ねるうちに、どんどん惹かれるようになっていきました。そのうち、もしかしたら、彼は運命の相手かもしれないと思うようになりました。そこで、最近スピリチュアルなテレビ番組や本や雑誌などに興味を持つようになったんです。霊能者が霊視をしたり、何か霊的なものを読み取って人智を超えたことを教えてくれるというのに特に興味を持ちました。そこで、たまたま本屋で手にした雑誌に載っていた、電話占い法蓮の体験談を読んで、私も鑑定を受けてみたいと思ったんです。」


── その雑誌に載っていた体験談の内容はどのようなものだったのですか?

佐々木さん「霊視で、付き合っている相手が運命の人であることが判明した、という体験談でした。」


── 実際、法蓮の鑑定を受けてみて、運命の人かどうかの回答は得られましたか?

佐々木さん「得られました。自分では、彼はものすごく特別な存在で、これまでのつまらない日常に新しい風を吹き込んでくれた人だと思っていました。けれど、結果は正反対のものだったんです。」


── 正反対のものとは?

佐々木さん「鞍馬先生は、守護霊からメッセージを受け取ることのできる人なのですが、私の守護霊はひたすら警告をしているというのです。それは、新しい彼は、とてつもなく悪い人で、私と付き合っているのは私をだます目的でしかないということです。結果的に、私が今この鑑定を受けているのも、守護霊が私にその警告を伝えるために導いた末のことだったそうなのです。」


── それは驚きですね。実際、彼はそこまで悪い人だったのですか?

佐々木さん「先生は、まず彼を霊視して、その家庭環境のひどさを教えてくれました。片親である父親は酒浸りでお金もろくになく、彼は盗みを働いたり、人をだましてお金を巻き取ったりといったことを繰り返して生活しているというのです。しかも、彼は過去に何度も結婚詐欺をしていたそうなのです。私に対しても、結婚詐欺をすることが目的で、100%お金目当てだったというのです。」


── それでは、守護霊の警告は当たりだったということですね。

佐々木さん「はい。それに、確かに思い返せば、思い当たる節がどんどん出てきたんです。私は彼の愛想の良さとか、ルックスとか、表面的なことしか見えていなかったのです。でもデートでは決まって私が全部お金を払っていましたし、「給料日前できついから」と言われて、彼の夕ご飯代を出してあげることも多々ありました。」


── なるほど。鑑定では、何か解決策は取られたのですか?

佐々木さん「鞍馬先生に、これからどうすればいいかを尋ねると、「すぐに別れたほうがいいですね。彼は今、さらに貴女から大金を奪う策を練っていますよ」と言われました。何か急に恐ろしくなり、すぐに別れることを決意しました。」


── 鑑定後、スムーズに彼と別れることができたのですか?

佐々木さんアドバイス通り、彼に借金ができてしまったことを告白しました。すると彼は急にあっさりとした態度に変わったのです。その反応で、本当に彼がお金目的だったということが確信できました。別れを決意した私は、すぐに彼に実家に帰るから別れて欲しいと告げました。すると、彼はやはりスムーズに私と別れてくれました。


── 最後に、鑑定を受けた感想を教えてください。

佐々木さん人に言ってもあまり信じてもらえないようなお話ですが、守護霊の導きって本当なんだな、と実感しています。普段、何気なく霊能者の人に見てもらいたいと思ったら、もしかしたら守護霊の導きかもしれないと思っても良いかもしれません。私は素直に従って良かったです。本当に助かりました。

上部に
戻る