霊能者インタビュー

勝島先生 人生の転機となる電話占い鑑定

人生の転機

電話占い鑑定をきっかけに、それまでうまく行かなかった恋愛や仕事が一気に急変して大成功を収めたという方は大勢いらっしゃいます。今回、人生を変える鑑定で老若男女問わず高い人気を誇っている勝島先生が、「人生の転機」というテーマでインタビューに答えて下さいました。


── 勝島先生の鑑定で人生が変わったという声を多く耳にしています。

勝島先生嬉しい限りです。電話占いをご利用される方は、何かしらの悩みや願いを抱えている方がほとんど。私の鑑定では、ご相談者様の抱える悩みや願いを霊視で言い当て、それを叶えるための方法や時期、ターニングポイントとなる出会いなどを丁寧にお教えしていきます。それを聞いて下さったご相談者様が、実際に鑑定結果を元に行動することで、人生は必ず良い方向に進みます。


── どれほど不幸な境遇にあっても、でしょうか?

勝島先生はい。現在どれだけ厳しい状況に置かれている方も、前向きに転化させる方法を必ず見つけ出します。これは相対的な基準の問題なのですが、幸福な人をさらに幸福にするより、不幸な人を幸福にするほうが遥かに容易いのです。不幸な人は、現在何かしらの理由で問題を抱えているわけですから、その問題を解決に導くことで、必ず幸福へと近づきます。問題の要点を霊視で正しく突き止め、その解決策をご提示することで、悩める方を光差すほうへ導くことができるのです。


── 具体的な事例をお聞かせ願いたいです。

勝島先生そうですね。ではまず恋愛に関する事例をお伝えしましょう。先日占い鑑定を受けられた方、Aさんとしましょう。Aさんは前の恋人とお別れしてから2年ほど恋人のいない状態が続いていました。幸せな恋や結婚に憧れているものの、良い出会いに恵まれず、実家の両親からも「孫の顔が見たい」とせがまれる日々。そんな中で電話鑑定をご利用されました。霊視をいたしましたところ、既に良い男性と巡り合っていることが判明。特徴を伝えると、職場の同僚にぴったり一致するとのことでした。Aさんは社内恋愛をしない主義らしかったのですが、彼との相性が大変よく、また彼からも好意を寄せられている、と告げると、「確かに以前、一度だけ食事に誘われたことがあります。今度誘われたら応じてみます」と言われました。それから数ヵ月後、Aさんからご報告のお便りが届きました。あれからすぐ、例の男性にまた食事に誘われ、今度は応じてみたところ、とても楽しく、お互い好きになりお付き合いに発展したとのこと。「社内恋愛は良くないという固定観念が素敵な出会いを遠ざけていました。先生の鑑定を受けて良かったです」と感謝の言葉を頂戴しました。


── 恋愛以外の事例もあるのでしょうか。

勝島先生半年ほど前に、転職の悩みを抱えた男性からのご相談も受けました。男性からのご相談は比較的珍しいのですが、やはり転職や出世に関する質問が多いですね。名前をBさんとします。Bさんは都内の大手企業勤めなのですが、とあるベンチャー企業から転職の誘いを受けていたそうです。その会社はBさんの会社の元社員が独立して興したものらしく、興味を惹かれてはいましたが、大手企業を抜けてベンチャーに行く覚悟がつかず、悩んでいらっしゃいました。そこで未来を予知透視しましたところ、新天地で大活躍され、インタビューを受けている姿が見えました。それをお伝えしたところ、転職の決意が固まったようです。ちょうど数日前にご報告のお手紙を頂戴しました。そこにはURLが添えられていたのですが、開いてみたところ、BさんがWebメディアからインタビューを受けている記事が公開されていました。転職に大成功されたようで何よりです。


── 占いが人生の転機になることは本当にあるのですね。

勝島先生珍しいことではございません。そもそも占いとは、人生の道に迷われている方が頼るもの。そんな方に正しい選択を指し示し、成功や幸福へ向かう道標を授けるのが、霊能者や占い師の役割です。私たちの鑑定をきっかけに人生の成功を掴まれた方は大勢いらっしゃいます。


── 本日は、ありがとうございました。

勝島先生絶大な霊能力は「両親共に霊能者」という遺伝性のものだそうで、それを厳しい山岳修行で磨き上げた、とのこと。天地神明に通じる霊感で過去も未来も瞬時に見通し、祈祷で運気を上昇させ、邪念や邪霊も一瞬にして祓います。

上部に
戻る