霊能者インタビュー

峰洋先生 当てる、叶える、霊視鑑定だからこそ未来が開けるのです

霊視鑑定

幼い頃から霊能の力に目覚めており、自覚して霊能力を発揮していました。透視、予知、縁結び、前世霊視など、様々な能力を用いながら、皆様の願望成就や問題解決に当たらせていただきます。人が隠し持った本心の透視や、物に残っている残留思念の透視なども可能です。


── 峰洋先生の霊視の的中率の高さは、お客様の間でもかなりの評判ですね。とくに状況霊視は百発百中で当たると聞いています。

峰洋先生私の霊視能力というのは人間や物の状況を見るのにかなり特化していまして、もちろん前世も見ることは可能ですが、霊界や先祖霊との交信はそこまで鑑定で用いる機会はないのですね。


── でも恋愛相談では、人の心を読む霊視や透視の能力は、かなり需要がありそうですね。

峰洋先生そうですね。片想いの相手や恋人が、どこで何をしているのかをリアルタイムで見て欲しいとおっしゃる女性はとても多いですから。旦那さんの浮気を疑っている方も、「今、夫が誰と会っているのかを見て欲しい」とおっしゃいます。ついこの前もそういう要望を受けてさっそく霊視したら、若い女性と親密にしている状況が見えました。そのことを相談者である奥様にお話しすると、「やっぱり…」という感じで、その後、興信所に依頼して調べてもらい、旦那さんが浮気している物的な証拠を掴んで、「先生がおっしゃった通りでした」と。その方は、今も継続して私の鑑定を受けています。離婚後の生き方などについてアドバイスさせていただいています。


── たしかに霊能者の霊視というのは、興信所の仕事と被るところがありますね。

峰洋先生ええ、そうですね。ただ、興信所は浮気現場の写真を撮るとか物的証拠を出すことができますが、霊能鑑定ではそれができませんから。たまに「そんなはずはない!彼が浮気しているなんて!」と電話口で激昂されるお客様もいらっしゃるのですよ。そんなときはちょっと対応に困ります。逆ギレするくらいなら、初めから興信所へ依頼していただきたいと…(苦笑)。でも、興信所は調査料金がかなり高いですからね。恋人や配偶者の浮気を疑っていても、やはりお金の面で二の足を踏んで、「とりあえず霊能者に見てもらおう」ということになるのでしょうね。


── 他にはどのようなお客様がいますか?

峰洋先生けっこう多いのは、「占いで良くないことを言われてしまったが、それが本当かどうか確認して欲しい」という方です。私は占いの的中率に対して決して批判的な立場ではないのですが、あれはよほどの実力を持つベテランか潜在的に霊感を持っている占術家でないと、完璧に当てるというのは難しいですね。電話占いの世界でもいろいろな数多くの占い会社が乱立していて、星の数ほどの占い師がいますが、果たしてそのうちのどれだけの人がきちんと当てることができるのだろうか…と正直、首を傾げます。


── 今、おっしゃったようなお客様に対して、先生はどのようなフォローをされるのですか?

峰洋先生もちろん、霊視で見直しますよ。占い師の言う通りであるケースは割と少なくて、ひどいときには全く真逆の状況や運勢であることもあります。よく当たると評判の占い師に「当分は結婚とは縁がありません」と言われて落ち込んでいた方の婚期を見直してみたら、運命の相手がすぐ身近に存在していたとか…。対面鑑定でも電話占いでも、占い師の方にはもう少し責任を持って人の運命を見ていただきたいですね。


── そうはおっしゃっても、その辺が普通の占いの限界なのかもしれませんよ。様々な霊能者の方とお話をしていますと、「やはり占い師とは全然違うな」と思うことがよくありますから。こちらからは何も言わないのに、会った途端に私の近況についてズバズバと当ててしまう先生などもよくいらっしゃいますからね。

峰洋先生たしかに、自分で言うのも何ですが、霊能者と占い師は全くの別物です。もっともお客様にしてみれば、とにかくよく当たって、抱え込んでいる悩みが解決できれば良いわけですから、その点はあまり頓着されていないようですね。また決してそれが悪いと言っているわけでなく、逆にこちらも占い以上のクオリティを出していこうとファイトが湧きます(笑)。占いと霊能鑑定のどちらが優れているのか、もし良かったら両者の鑑定を受けて比較していただきたいと思います。

上部に
戻る