霊能者インタビュー

幽斎先生 恋の答えは無意識から繋がる前世の記憶にあります

前世

魂同士で定められた運命の相手。それは前世でも様々な形で関わり合ってきたソウルメイトである場合がほとんどです。無意識領域のさらに下に潜在する前世の記憶を読み取ることで、恋の相手、結婚相手のことが全てわかります。


── 幽斎先生は霊視と霊感による一般的な鑑定相談の他に、前世透視もよくなさると伺いました。それは悩み事の解決のためにされているのでしょうか?

幽斎先生最初はそうでしたが、最近では特に悩み事を抱えていない方でも前世を知りたいという目的で、私の鑑定を申し込まれる方が増えています。数年前に『オーラの泉』というテレビ番組が人気を博しましたが、その頃から純粋な好奇心のみで、自分の前世を教えて欲しいとおっしゃるお客様が急増しましたね。


── 当時、あの番組は本当に話題になりましたね。他の霊能者の先生方に伺っても、『オーラの泉』の放送以来、前世を見て欲しいというお客様が急増したとおっしゃることが多いです。ところで先生はどのような形で人の前世を読み取るのですか?

幽斎先生宇宙や霊界の意識体、一般的にはアカシックレコードと呼ばれていますが、そこに魂をつなげて目的の人物の前世や過去世に焦点を合わせると、目の前にテレビドラマや映画のような感じでその人の一生が時系列的に映し出されます。その感覚は音声を伴った幻視のような感じです。


── アカシックレコードとは何でしょうか?

幽斎先生一言で言えば宇宙創世以来のありとあらゆる出来事の歴史が霊的なデータ、つまり霊波動記録として存在している次元です。前世を見る霊能者は意識的にせよ無意識的にせよ、必ずそのアカシックレコードに魂をつなげています。


── なるほど、そこから特定の個人の前世記録を引き出すというわけですね。私はてっきり、個人の無意識下に潜在している前世記憶を読み取るものだと思っていました。逆行催眠で前世に遡らせるヒーラーやチャネラーなどもいますし。

幽斎先生たしかに形としては本人の前世記憶を読み取るということなのですが、その場合も実際には本人の無意識を通じてアカシックレコードに必ずアクセスしているのです。そうでないと前世記憶を引き出すことはできません。前世記憶というものは霊次元の記憶なので物質脳には残っていないのです。その記憶があるのは、アストラル脳の方でそれはアカシックレコードとリンクしています。分かりにくい説明ですみません。


── いいえ、そんなことはありませんが、たしかに少し難しいですね。前世の問題に限らず霊的な世界というのは奥が広いですね。

幽斎先生そうですね。でも、お客様に対しては難しい説明などは基本的にはいたしませんので、どうぞご安心ください。スピリチュアリズムの講義ではなくて鑑定相談ですから。


── 前世の問題で、よくソウルメイトとかツインソウルという言葉が出てきますが、やはり恋愛関係になったり結婚したりする相手というのは、その人にとってのツインソウルの存在が多いのですか?

幽斎先生多いというか、恋愛はともかく結婚相手というのは100%近くがツインソウルの人です。どの方の前世を見ても同様なのですが、今世で夫婦関係にある相手とは、前世あるいは幾代かの過去世でも夫婦であったケースが非常に多いですね。そのことを応用して、前世リーディングと霊視の併用で未来の結婚相手像をある程度まで絞り込むことも可能です。


── それは需要がありそうですね。

幽斎先生はい。自分が将来、どんな人と結婚するのかを知りたいという女性のお客様はけっこう多くいらっしゃいます。そういう方に対しては、最初に前世と過去世を見てどんな相手と結婚生活を送っていたのかを確かめ、その上でその相手が今世でどこにいるのか、どんなことをしているのかを探査します。


── 前世で夫婦だった相手と同じ時代に転生していない可能性もありますか?

幽斎先生それはあります。でも、過去世を幾代か遡れば、他にも必ずその中に夫婦関係あるいは恋愛関係だった相手が転生していますので、今世ではその方と再び出会い、そのまま結婚する確率が非常に高くなるわけです。


── いわゆる赤い糸で結ばれた相手ですね。考えてみれば不思議な話ですね。

幽斎先生そうですね。前世や過去世で夫婦、恋人関係だった相手の一人と必ず同じ時代に生まれて、必ず出会うのですから……霊能者の私が言うのも何ですが、霊界次元の仕組みというのは本当に良くできていると思います。


── 結婚や恋愛の問題以外でも、自分の前世を知ることでいろいろとメリットがあるような気がします。

幽斎先生はい。本人の天職みたいなことや秘められた才能なども明らかになりますし、対人関係においてもとても役立ちますよ。特定の相手に対する考え方が変わるというか……。


── 例えば、どういうことですか?

幽斎先生例えば、仕事やプライベートで険悪な関係にある相手がいたとして、どうしてその人に嫌われているのか、あるいは自分が嫌っているのか、その根本的な原因が分かりますので、関係改善のヒントを掴むこともできます。


── 相手との前世の関係のことですね。敵同士であったとか?

幽斎先生はい。極端な例で言えば、前世で命を取り合うような関係の相手とは、当然ながら今世でも険悪な状態になります。仮にそれが職場の同僚や上司などであった場合、相手を避けることはできませんから、もうそうなると心の持ち方のようなところで対処するしかありません。


── 宗教などでよく言われる、業とかカルマとかいうものですね。

幽斎先生はい。対人関係のカルマですね。それを今世で克服することで、魂は霊的進化を遂げていくことができるのです。これはとても重要なことです。


── その辺のところもアドバイスしてくださるのですね。

幽斎先生はい。個々のケースに応じて助言させていただいています。

上部に
戻る