霊能結婚相談所

婚活実例File.08 綺羅星先生 シングルマザーの私を、子供も含めて受け入れてくれる人を探していました

翠さん(仮名) 30代前半 女性 埼玉県さいたま市 接客業

シングルマザーの私

翠さんは30代前半のシングルマザー。20代半ばで結婚して男の子に恵まれるも相手側の不倫問題によって離婚し、それから一人でお子さんを育ててきました。シングルになって以降、とある男性とお付き合いをされたそうですが、その男性はお子さんのことまで背負う気にはなれなかったようで、「あなたのことは好きだけど、血のつながってない子供を愛せる自信がない」とはっきり言われてしまい破局。子供も含めて受け入れてくれる男性はやはりいないのだろうか、と諦めかけていたそうです。

そんな時、よく読んでいた女性向け雑誌の占い特集で電話占い法蓮を見かけ、「自分の再婚について占い師の先生に訊いてみるのもいいかもしれない」と思い、電話鑑定を依頼。受付の方に綺羅星先生を紹介され、繋いでもらいました。「電話占いは初めてだったのでドキドキしましたが、優しそうな声の先生でまず安心しました」綺羅星先生の第一印象について翠さんはそう述べられていました。

「でも、綺羅星先生は優しそうなだけではありませんでした。霊視が恐ろしいほどに当たるんです。まだ身の上をお話ししていなかったのに、シングルマザーであることや、息子が来年小学生になることを言い当てられました。また息子にぜんそくの持病があることも言い当てられたのです」翠さんの状況は綺羅星先生がほぼ全て正確に言い当ててくれたそうで、自分からご説明したことはほとんどなかった、とおっしゃっていました。離婚後にお付き合いした例の男性についても当てられ「深い縁の結びつきにはならなかったようですね」と言われました。

そして、綺羅星先生は翠さんの今後について「同じ背景を持つ男性と結ばれる」と言われました。「あなたを受け入れてくれる相手の姿が見えます。彼もあなたと同じように理由あって離婚し、ひとりで子育てをしています。ふたりの背景はとても共通項が多く、すぐに分かり合えるでしょう。また、お子さん同士も仲良くなり、それが二人の絆をより強固にします」とのことでした。

翠さんの運命が変わったのはその鑑定から半年ほど経った頃のことでした。息子さんを連れて大きめのレジャー施設に行った際、泣いている迷子の男の子を見つけ、一緒に親御さんを探してあげたそうです。幸いにも父親の方がすぐに見つかったそうで、翠さんはお礼を兼ねてフードコートで食事をごちそうしていただくことになりました。そこで、男性のほうから、母親と離婚して自分の手一つで子育てをしていることを告げられたのです。「私も実はシングルマザーなんです」と言うと、男性はとても驚いた表情をしていました。ふたりは連絡先を交換し、定期的に会うようになりました。お子さん同士が意気投合したこともあり、二人の仲は急接近。すぐにお付き合いに発展したそうです。「子供の存在も含めて私を受け入れてくれる人が、ようやく見つかりました」翠さんは嬉しそうにそうおっしゃっていました。

上部に
戻る